(中国) 抜き取り検査実施細則 自動車シートベルト

2020年7月31日に国家市場監督管理総局2020年第36号公告から131品目の「製品品質国家監督抜き取り検査実施細則」が発行されております。自動車シートベルトの市場検査基準(規格)、抜き取り方法、抜き取り数、判定ルールなどが規定されています。

 

1 サンプル抜き取り方法

無作為抜き取り方式により、生産者、販売業者の販売用製品の中から抜き取る。

通常、乱数は乱数表等を使用して発生させる。

ロット毎に4台のサンプルを抜き取り、その内の2台は検査サンプルとし、2台は予備サンプルとする。

 

2 検査の根拠

検査項目 検査方法
1 バックルの解離力試験 GB 14166-2013 5.8
2 動的試験 GB 14166-2013 5.7
3 ロック極限値 GB 14166-2013 5.6.2

企業規格、団体規格、地方規格を適用する製品は、上記の内容を参照して検査項目に適用する。

年版が記載されている文献については、後の追補版(誤記訂正を含めない)または改訂版は本細則には適用しない。年版が記載されていない文献については、その最新版を本細則に適用する。

 

3 判定ルール

3.1根拠となる規格

GB 14166-2013 自動車乗員用シートベルト、拘束システム、児童用拘束システム及びISOFIX 児童用拘束システム

現行の有効な企業規格、団体規格、地方規格及び製品に明記されている品質要求

 

3.2判定の原則

検査の結果により、検査項目が全て合格となった場合は、抜き取り検査の製品を合格と判定する。検査項目の中で一項目または一項目以上が不合格となった場合は、抜き取り検査を受けた製品を不合格と判定する。

被検製品に明記されている品質要求が本細則の検査項目の根拠となる規格の要求より高い場合は、被検製品に明記されている品質要求に従い判定しなければならない。

被検製品に明記されている品質要求が本細則の検査項目の根拠となる強制規格の要求よりも低い場合は、強制規格の要求に従い判定しなければならない。

被検製品に明記されている品質要求が本細則の検査項目の根拠となる推奨規格の要求より低いか、或いは本細則の検査項目の根拠となる推奨規格の要求を含んでいる場合は、被検製品に明記されている品質要求で判定しなければならない。

被検製品に明記されている品質要求が本細則の検査項目の根拠となる強制規格の要求を満たしていない場合は、強制規格の要求に従い判定しなければならない。

被検製品に明記されている品質要求が本細則の検査項目の根拠となる推奨規格の要求を満たしていない場合は、当該項目を判定に使用しない。

通知(細則DL可能)原文⇒ http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/zljdj/202007/t20200731_320439.html
こちらも参考にしてください ⇒ 一部の品目の細則から検査規格を抜粋した資料です

 

本資料は参考用資料です。本資料の情報に基づいて行った行為により生じたいかなる結果に関しても、弊社では責任を負いかねます。本資料のいかなる部分も、許可なく複製することを禁じます。株式会社PS Farm

株式会社 PS Farm

〒516-0014
三重県伊勢市楠部町248-1
TEL:0596-63-8230
FAX:0596-63-8231