(中国)SRRC800/900MHz帯のRFID機器はSRRC認証が必要です

⻑波帯及び短波帯のRFIDは、微弱無線機器(短距離無線機器に分類されるためSRRC認証は不要ですが800/900MHz帯を使用するRFIDは、SRRC認証が要求されCMIIT IDを表示していないと販売ができません。技術基準は下記を参考にしてください。

 

800/900MHz 周波数帯の無線周波数識別(RFID)技術応用規定(試行)

一、800/900MHz 周波数帯RFID 技術の実際の使用周波数は、840-845MHz と920-925MHz とする。
二、この周波数帯のRFID 技術無線発信機の無線周波数指数:
1.キャリア周波数の許容偏差:20×10-6
2.チャネル帯域幅及びチャネル占有周波数帯域幅(99%エネルギー):250kHz
3.チャネルの中心周波数:
fc(MHz)=840.125+N×0.25 と
fc(MHz)=920.125+M×0.25(N、M は整数とする、数値は0-19 を取る)
4.隣接チャネル漏洩電力比:40dB(第一隣接チャネル)、60dB(第二隣接チャネル)
5.送信出力:

周波数の範囲(MHz) 送信出力(e.r.p)
840.50-844.5
920.50-924.5
2W
840-845
920-925
100mW

6.動作形式は周波数ホッピングスペクトル拡散方式とし、周波数ホッピングチャネル毎の最大滞留時間は2 秒とする。

7.スプリアス発射の制限値(2 つの周波数帯の中間キャリア周波数±1MHz の範囲内を除く)
7.1 アンテナポート

最大出力動作モード 周波数の範囲 制限値の要求(dBm) 測定帯域幅 検波方式
30MHz-1GHz -36 100kHz 実効値
1-12.75GHz -30 1MHz
806-821MHz
825-835MHz
851-866MHz
870-880MHz
885-915MHz
930-960MHz
-52 100kHz
1.7-2.2GHz -47 100kHz
スタンバイモード 30MHz-1GHz -57 100kHz
1-12.75GHz -47 100kHz

 

7.2 筐体ポート(アンテナ一体型を含む)

周波数の範囲 制限値の要求(dBm) 測定帯域幅 検波方式
30MHz-1GHz -36(e.i.r.p) 100kHz 実効値
1-12.75GHz -30(e.i.r.p) 1MHz

 

関連記事:SRRC認証不要な微弱電波短距離無線送信機器 リスト・技術要求

当ページ情報に関する公告・通知の原文と参考訳(pdf版)のご提供。[お問い合わせフォーム]に、ご希望の「ページタイトル」をご記入の上お申し込みください。
お願い:1) 同時に複数資料のご依頼は、ご遠慮願います。2) 会社アカウント以外からのお申し込みは、お控えねがいます。

株式会社 PS Farmでは、SRRCをはじめとする各国無線機器認証取得、中国無線機器の技術基準に基づく評価サービスを承っております。

本資料は参考用資料です。本資料の情報に基づいて行った行為により生じたいかなる結果に関しても、弊社では責任を負いかねます。本資料のいかなる部分も、許可なく複製することを禁じます。株式会社PS Farm

 

株式会社 PS Farm

〒516-0014
三重県伊勢市楠部町248-1
TEL:0596-63-8230
FAX:0596-63-8231