PS Farm株式会社 PS Farm

韓国安全/EMC認証(KCマーク)申請代行


韓国の安全・EMC・無線認証(KCマーク)申請代行サービスのご案内

申請の進め方、注意点などのご説明、サンプル通関対応、指摘事項への対応アドバイス、銘版図その他の資料の事前チェック、申請資料の作成、最適な試験所選択、認証書と試験報告書取得まで経験豊富なスタッフがサポートをいたします。

 

確実なBSMI認証取得

現地(韓国)提携会社を通じ、確実な認証取得をご提供します。
認証機関選定から認証書をお届けするまでをスピーディーに実施致します。

BSMI認証取得をトータルサポート

認証取得までをトータルで対応します。
サンプル送付と通関対応、認証機関/試験所への申請費用の立て替え払い、電子申請書作成などが含まれます。 
認証取得には現地の代理人が必要となりますが、お客様でご準備できない場合は、弊社で代理人をご準備いたします(有料)



安全・EMC認証の概要

認証機関は、KTLやKTCなどです。適合表示は一般的にKCマーク(Korea Certification Mark)(KC認証)と呼ばれます。
電気用品と生活用品安全法により、1000V以下で動作する電気製品(実効値42V以下の機器は基本的には除外)は、安全認証を要求されます。IT機器類、家電機器類や電気通信機器類などは安全認証と併せてEMC認証・登録(RRAの管轄)が安全認証と共に要求されます。初回及び定期的な工場検査(安全認証の場合)が実施され製品類があります。



一般的な情報

電源

220/110Vac, 60Hz

コードセット要求

電源コードは、LRA(Local Regulation Approval)品であること。

言語

韓国語


安全

管轄機関

安全: KATS(技術標準院)
EMC: RRA(国立電波研究院)

URL

KATS http://kats.go.kr/en/content.do?cmsid=388
RRA http://rra.go.kr/en/index.do

規制の形態

対象製品が指定されています。⇒ 対象製品
安全とEMCが要求される製品は、KCマークを表示するためには安全認証とEMC認証(登録)のいずれも取得する必要があります。
(安全)危害を及ぼすリスクの大きさにより「電気用品安全認証」「電気用品自律安全確認」「供給者適合性確認」のいずれかが適用されます。
(EMC)危害を及ぼすリスクの大きさにより「適合認証」「適合登録」のいずれかが適用されます。適合性評価基準が設けられていない危害を及ぼすリスクが比較的小さい製品は「暫定認証」が適用される。

マーク

韓国KCマーク

適合性評価

(安全)
1) 電気用品安全認証:指定試験所で試験を行い認証書を取得。工場検査有り。要現地代理人。
2) 電気用品自律安全確認:指定試験所で試験を行い登録書を取得。要現地代理人。
3) 供給者適合性確認:自己試験を行い適合確認。適合確認資料の保管義務有り。

(EMC)
1) 適合認証:指定試験所で試験を行い認証申請。要現地代理人。
2-1) 適合登録(指定試験所適合登録):指定試験所で試験を行い登録書取得。要現地代理人。
2-2) 適合登録(自己試験適合登録):自己試験データで登録書取得。要現地代理人。
3) 暫定認証:自己試験データで暫定認証書取得。

CBスキーム

基本的には受け入れますが申請毎に確認を行ったほうが良いと思われます。

規格

韓国 K規格、KN規格

現地代表者

適合性評価欄を参照。

資料

  • 製品取扱説明書 (韓国語)
  • システム(ブロック)構成図
  • 回路図
  • 部品レイアウト図
  • 外観図
  • 重要部品リスト
  • 定格銘版図面
  • 注意表記銘版図面
  • 重要部品の仕様書        

  • (その他 別途ご案内いたします)



韓国規制概要(安全/EMC, RoHS,エネルギー効率)

お気軽にお問い合わせください。[お問い合わせ]