(メルマガ 2021.3.02) CCC自己声明の規格改定時の運用について

PS Farmメールマガジン(2021年3月2日配信)

CNCA(国家認証認可管理委員会)2021年2月9日付け公告≪規格改訂時の強制製品認証自己声明評価方式実施要求≫において自己声明方式認証の規格改定時の運用に関する通知が出されております。

■ CCC自己声明の規格改定時の運用
概要;
自己声明評価方式の生産者(製造商)は、規格の改訂情報を積極的に収集すること。
■ 規格改訂時の適用規格は;
・新版規格公布~実施までの期間:新旧いずれの規格を採用してもよい。
・新版規格の実施後は、新版規格を採用すること。
■ 新版規格への更新は;
・新版規格の実施から一年以内に更新を完了させること。
・新版規格の実施の一年後に更新されていないものは登録システムから取り下げる。
・新版規格の実施前に出荷、市場投入を終え、且つ再生産しない製品は、更新は不要。

通知参考訳;

国家認監委2021年第4号公告 ≪規格改訂時の強制製品認証自己声明評価方式実施要求に関する公告≫2021-02-09

強制製品認証(CCC認証)自己声明評価方式を更に完全なものにし、企業の主体的責任を強化し、評価の根拠となる規格改訂時の自己声明評価方式の更新を円滑に行うために、認監委≪規格改訂時の強制製品認証に関する問題についての通知≫(国認科聯〔2005〕18号)に基づき、実施要求を次の通り公告する。

一、CCC認証に自己声明評価方式を適用する製品の生産者(製造商)は、評価の根拠となる規格の改訂情報を積極的に追跡、収集し、規格改訂時には次の方式で自己声明を行わなければならない。
(一)新版規格が公布されてから実施までの転換期は、旧版または新版規格を任意に選択して評価を行う。新版規格の実施後は、新版規格に基づき評価を行わなければならない。
(二)旧版規格で自己声明を完了させているものについては、CCC認証技術専門家チームの技術決議を参照し(http://www.cnca.gov.cn/zl/qzxcprz/jszjz/)、新版規格の実施から一年以内に新版規格の自己声明への更新を完了させなければならない。旧版規格の自己声明は、新版規格の実施後一年が満了する時に、「強制認証製品適合性自己声明情報報告システム」(http://sdoc.cnca.cn)において一括して取り下げる。新版規格の実施前に出荷、市場投入を終え、且つ再生産しない製品については、新版規格自己声明への更新を行う必要はない。

二、CCC認証自己声明評価方式に参加する実施機関(認証機関と試験所を含める)は、生産者(製造商)に協力して規格の変更に関する詳細且つ正確な情報を入手しなければならない。実施機関が新版規格による認証、試験活動を行う際は、相応の技術力の確保と資格の取得を完了させなければならない。

三、評価の根拠となる規格が改訂された後のCCC認証に関する政策、リスト範囲の変更等の情報については、当委員会が実施要求を統一して公布する。

本公告は公布日から実施する。
2021年2月8日

原文:http://www.cnca.gov.cn/zw/gg/gg2021/202102/t20210209_65034.shtml

株式会社 PS Farm

〒516-0016
三重県伊勢市神田久志本町1474-3
(コウダクシモトチョウ)
TEL:0596-63-8230
FAX:0596-63-8231